ビジネス本を立ち読みしよう

過去の名著から思わぬ発想を得られるかも。

初めてのネット輸入&販売

 

3万円の元手で月商1000万円! 初めてのネット輸入&販売

3万円の元手で月商1000万円! 初めてのネット輸入&販売

 

 

『コロガシ輸入法』
これは私が推奨する安全な仕入販売法で、売上金をすべて仕入に回し、小資金からでも十分に利益を増やしていくことが可能な方法だ

『財団法人対日貿易投資交流促進協会』ミプロ
ここは小口輸入相談をEメール、電話ですることが可能だ

『10の翻訳エンジンから一括翻訳 翻訳くらべ』

最初は知名度のある、素人でも誰でも簡単に売れる商品を扱うことこそが、成功への第一歩なのだ

一番重要に感じる価格だが、実は多くの消費者は、第一にお店の信頼度をチェックするのである。次に品質、そして最後に価格がくる

販売時には固定電話の番号も明記すれば、個人でも安心感を与えることができる

販売業者がアメリカの場合、便利なのが『USA BOX』だ。
日本に居ながらアメリカでの国内取引が可能になり、複数の荷物をまとめることもできるので送料が割安になることもある

商品寿命はオークションの統計サイト、オークファンである程度把握することが可能だ

『overstock○○○』『wholesale○○○』『discount○○○』『outlet○○○』(○○○は商品名)
これらのキーワードを付け足すだけで検索結果が大きく変わり、安い業者を容易に見つけることができる

商品の内容から、送料、納期、何でも臆することなく聞いてみよう。

仕入金額の算出方法
これらの平均価格を基に、約30%の利益が確保できるように計算する。
例えば、平均価格が2万円の場合、1万4000円(送料・関税等も含む)で手に入るように交渉する。
または日本に正規販売店があれば、その価格を基準に、30%から50%の利益が確保できるように交渉していこう

複数の仕入れ先を確保する

過去一週間の販売数をチェックし、その後の一週間でどの程度販売できるかを予測する

TTPPへ登録
国際的なビジネスパートナー探しを支援するためのサイト。「売る・買う・ビジネス支援」まで扱う、輸出入の総合商社のようなものだ

一番安心なのは大使館への問い合わせである。在日の各国大使館に、希望の商品の卸問屋、メーカーを探してもらう方法だ

大使館の一部に、商務部というものがある

一年間の保証をつける

『返品可』を記載するだけで反応が大きく変わってくる

返品の場合の往復の送料は負担をいただくように記載し、返品可能期間も、商品お届け後一週間以内とするのである。
さらに商品によっては「未開封に限る」とすれば、よほどのことがない限り、まず返品はないだろう

毎週の在庫管理が欠かせない。そして、予測販売量の一割増以上の在庫を準備する

 

3万円の元手で月商1000万円! 初めてのネット輸入&販売

3万円の元手で月商1000万円! 初めてのネット輸入&販売