ビジネス本を立ち読みしよう

過去の名著から思わぬ発想を得られるかも。

月刊 不動産 2008年9月

アメリカでは不動産流通・仲介業等に従事するすべてが免許を所持しなければならない法律になっている。
また、すべての不動産取引は書面で行われなければならないと義務付けられてもいる

不動産流通のエージェントと同様に、ローン専門のモーゲージ・ブローカーが存在する

日本とは違い、アメリカでは税制面で自宅を2軒まで所有することができ、税制面での優遇も受けている。
そのため多くの人が2軒目として収益物件やリゾートなどの不動産を購入している

アメリカの住宅ローンはノンリコースローンと呼ばれ、最悪の事態が起こっても貸出先である金融機関が最大限回収できるのは融資物件であり、物件自体が担保になるローンである。
よって最低必要限の生活は保障されており、いわば敗者復活戦が可能になっている

同社の提案するオリジナルのチラシは、物件の魅力を十分に表現するよう工夫されている。
カラー刷りで物件の魅力を大きく打ち出し、その他のメリットも列記する。
部屋の見取図に説明文を書き込み、オリジナルの周辺マップを添付する。
物件の魅力がひと目で分かるチラシによって、内見者の数を増やすことができるというのだ